UQモバイルに最安値でMNP乗り換えしてiPhoneを活用するサイト。

スポンサーリンク

UQモバイルとWiMAXに最安値でMNP(契約)するサイトはこちらです。

UQモバイルはオンラインで申し込むのがお得です。

店頭で申し込むとキャッシュバックなどの特典はありませんが、オンラインで申し込むと特典が付きます。

UQモバイル最新最安値情報(2019.11.25更新)

11月25日現在のUQモバイルへのMNPによる最安のお申し込み方法は、

UQモバイル正規代理店リンクライフの「限定キャンペーンサイト」からのオンライン申し込みになります。

最も安くなるのは、SIMのみのMNP申し込みにオプションのガラスコーティングをプラスした場合の最大9,500円キャッシュバックになります。

ガラスコーティングを申し込まない場合のキャッシュバックは6,000円です。

ガラスコーティングのオプション料金は1,100円なので、申し込んだ方がお安くなります。

SIMのみでのお申し込みの場合、ガラスコーティングは専用キットが送られて来ますので、処理はご自身で行っていただく必要があります。

もちろん、実際にコーティングするもしないもご自身の判断でOKです。

*ただし、今回のキャンペーンはau契約者様からのお申し込みは対象外となります。

au契約者の方は公式サイトからのキャッシュバック6,000円でのお申し込みが一番お得です。

 

また、10月25日より、スマホプランのデータ容量増量キャンペーンがスタートしました。

条件を満たせば、新規、継続のユーザー共にデータ容量が2年間増量となります。

くわしくは「最新!UQモバイル MNP、新規申し込み最安情報」にて。

  • キャッシュバックはクレジットカードにてお申し込みの方限定です。
  • 不要なオプションは外してお申し込みいただけます。
  • お申込みページの「ノートンモバイルセキュリティ(月額550円)」は外してお申し込みいただいて構いません。
  • ご契約後、お申し込み時にご登録いただいたメールアドレス宛てにキャッシュバック(振込口座登録)の案内メールが届きます。ご契約後もご確認いただけるメールアドレスでご登録ください。MNP乗り換え前のキャリアのメールアドレス(@docomo.ne.jpなど)を使うとUQモバイルに移行後に使用不能になってしまいますのでご注意ください。
  • 開通月を含まない2ヶ月目の末日にご登録いただいた口座に振り込まれます。(公式サイトと同じです)

契約後に振込口座を登録するなど、キャッシュバックに関する手続きは公式サイトと同じです。

UQモバイルと同時契約でネット使い放題、WiMAX最安値情報(2019.12.01更新)

「GMO とくとくBB」の12月キャッシュバックキャンペーンからのお申し込みが最安です。

  • 最新ルーター無料
  • 3年契約ならLTEオプション無料

UQモバイルと合わせても携帯代が月額約5,000円で済みます。

最新競合プロバイダー8社徹底比較最安値情報は別ページをご参照ください。

かんたんまとめ。iPhoneをUQmobileにMNPで乗り換える方法。

格安SIMのUQモバイルへの乗り換えについてわかりやすくご紹介いたします。

3大キャリアであるDoCoMo、au、ソフトバンク。

今の携帯料金はいくらですか?

MVNO(格安通信会社)であるUQモバイルに乗り換えて月額料金を大幅ダウンさせましょう!

UQモバイルの最安値プランは月額1,980円です。

まずは今の料金とUQモバイルへ変更後の料金の差を計算してみてください。

ドコモ、au、ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えた人へのアンケートによって、半数以上の方が年間36,000円以上の節約に成功しています。

NTTドコモモバイル社会研究所の調べでは、2019年のMVNO利用率は前年である2018年の14.5%を超えて18.1%まで伸びてきました。

30代以上では全ての年代で20%を越えています。

「格安SIMはあたりまえ」になりつつあります。

UQモバイルはどんな人が使ってる?

携帯料金を安くしたい人が使っています。

ただし「安くても回線品質は維持したい」という人に選ばれる傾向があります。

UQモバイルは格安SIMを扱うMVNOです。

MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)は、

自社で通信回線を保有するキャリア(DoCoMo、au、ソフトバンク)の通信網を借りて携帯電話サービスを提供する会社のことです。

MVNOの特徴は、設備投資費を抑えることによる価格の安さです。

価格が安いことが最大のメリットなわけですが、デメリットも存在します。

通信回線網を借りていいるので、貸し出している大元の企業よりも回線が細く、速度が遅いということです。

通勤ラッシュ時やお昼時など集中してアクセスがある場合に著しい速度低下を起こす場合があります。

これは、MVNOが借りている回線の大きさ(太さ)と使用者の必要とするデータ量の関係が主な原因です。

貧弱な回線に価格の安さを売りに大量の契約者を確保した場合、渋滞がおきて回線速度が遅くなりるので利用者は不便を強いられます。

MVNOに契約する時は価格だけではなく、通信速度が満足できる速度を維持できているのかを見極める必要があります。

UQモバイルはMVNOの中で圧倒的な通信回線速度を維持しています。

UQモバイルはKDDIのグループ企業であり、auの兄弟会社なのですから当然と言えば当然です。

ただし、格安SIMに乗り換えるならこの通信速度はいざという時のためのものです。

格安SIMというものは、基本的には「自分から電話を掛けない」「大量のデータ容量は必要としない」という人が一番向いています。

「スマホプランS」ならデータ量は1ヵ月3GB、携帯代が毎月1,980円です。

家族もUQモバイルなら家族割の500円引きで1,480円です。(子回線のみ)

とはいえスマホ(データ)を使わないというわけにもいきません。

UQモバイルの節約モードを使えば最大速度300kbpsに自動制御されて容量無制限に使えるのでSNSなどは追加料金なしで使えます。

いざという時にいつでも安定して高速通信が利用でき、余裕のある回線で最大300kbpsの速度で普段使いできるUQモバイルは実に使い勝手の良いMVNOです。

その一方、スマホを使いまくる人にもUQモバイルはオススメできます。

動画視聴やゲームなどで大量のデータを必要とする人は、格安SIMのUQモバイルの最安値である「スマホプランS」とWiMAX2+のモバイルルーターを組み合わせることで、安価に大量のデータを扱うことが出来るようになります。

  • 大量のデータを必要としない人
  • 自分から電話を掛けない人
  • 身近にWi-Fi環境があるなどデータ容量を自分でコントロールできる人
  • モバイルルーターと組み合わせて安価に大量のデータを扱うことが目的な人

スマホ初心者とヘビーユーザーという真逆の人にとって使い勝手のよいMVNOがUQモバイルです。

「ポケモンGO」「ドラクエウォーク」「荒野行動」等々…

外に出てスマホゲームを遊びたいという人はWiMAXの同時契約でUQモバイルの基本料金が300円引き、毎月約5,000円で好きなだけインターネットが使えるようになります。

UQモバイルってどんな会社?料金プランはどうなっているの?

UQモバイルはKDDIのグループ企業、UQコミュニケーションズが運営しています。

KDDIを母体としているので携帯回線はauのものを利用しています。

UQ mobileはauのサブブランドという立ち位置です。

簡単にいうとauの弟分です。

UQモバイルの優れている点は、なんといっても回線速度の速さです。

「格安SIMアワード2018 」の通信速度部門で最優秀を獲得するなど、様々な検証サイトにおいても通信速度の速さは折り紙つきです。

通信速度が低下するとYoutubeなどの動画再生の際に画面がカクついたりするので使用目的によっては重要な検討事項です。

格安SIMに乗り換える際に通信速度にこだわるならUQモバイルにしておけば間違いありません。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランはとてもわかりやすいです。

現在契約している料金プランを参考に一か月に何GB(ギガバイト)必要なのかデータ容量を検討してみてください。

2019年10月現在の料金プラン表です。

データ容量はS=3GB、M=9GB、L=14GBに設定されています。

  • 値段はこのまま変わりません。1年後に高くなるなどの変動はナシです。
  • 縛りは無くなったので契約解除料(違約金)もありません。
  • 通話料金は20円/30秒です。
  • 通話料金のオプションとして、国内通話1回10分以内なら何度でもOKで700円/月の「かけ放題」と、国内通話1ヵ月60分で500円/月の「通話パック」が新たに登場しました。

*「楽天電話」を使えば10円/20秒で半額で電話できます。

どのプランも縛りはありません

縛りがないので解約時に違約金が発生することはありません。

大手キャリアの料金プランとの違いを検証しています。

ご自分の毎月のお支払料金との差をご覧ください。

自分が本当に必要としている料金プランが見つかるはずです。

大量のデータが必要な方は、スマホプランLを選ぶよりもWiMAXとの同時契約の方が月額料金が安くなってオススメです。

通話オプション「かけ放題」と「通話パック」

10月からの新プラン「スマホプラン」には無料通話が含まれていません。

無料通話はすべて有料オプションとなりました。

「かけ放題」は、10分以内の国内通話なら何度でも掛け放題月額700円です。

「通話パック」は、60分の国内無料通話が付いて月額500円です。

毎日「帰るコール」をする人は「かけ放題」を選ぶといいですね。

以前のプランでは5分だった通話時間が倍の10分かけ放題となったので通話時間をそれほど気にせずに電話が出来るようになりました。

また、UQモバイルには「家族間通話無料」というサービスがありません。

月額700円ですが「かけ放題」をオプション選択することでその代わりになるのではないでしょうか。

*「節約モード」にしてLINE電話などの電話アプリを使えば容量無制限、無料で音声通話が出来ます。

ご自分の電話の使い方に合わせて通話オプションを選ぶことができます。

 

データ容量無制限の「節約モード」

UQモバイルではダウンロード速度を300Kbpsに制限すればデータ消費量をカウントしないという「節約モード」という機能があります。

 

SNSなど、それほど通信速度を必要としない時は「節約モード」にしておけばデータ容量を気にせず使い続けることができます。

 

「節約モード」は専用アプリで簡単に切り替えできます。

300kbpsの速度だったらLINEでの音声通話も問題なく可能です。

動画視聴は厳しいといったところです。

ライバルのYモバイルには低速モードがありません。

mineo(マイネオ)の節約モードは200kbpsです。

それに比べて単純計算で1.5倍の速度設定です。

このあたりにもUQモバイルの通信速度に対する優位性を保とうとする戦略をうかがい知ることが出来ます。

 

音声通話不可のタブレット専用「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」

「スマホプラン」以外の選択肢として、

音声通話のできない「データ高速プラン」「データ無制限プラン」というものもあります。

電話番号が無い、完全にデータ通信専用のプランです。

SIMカード自体が音声通話のできるものと違うので音声プランへの変更、またはその逆もできません。

「データ高速プラン」の節約モードは最大速度は200kbpsです。

無制限プランでは通信速度が常時最大500bpsです。

この速度で月々1,980円ならWiMAXを契約するべきですね。

ドコモ、au、ソフトバンク,Y!モバイル(ワイモバイル)、その他格安SIMとの料金プラン比較

UQモバイルとライバル社の料金プランを中心にした比較です。

ご自身の契約状況に合わせてご参照ください。

キャリアとの契約がいかに高いかよくわかります。

「ウルトラギガMAX」でWi-Fi使い放題

データ容量を気にせずスマホを使いまくりたい!

という人は

「ウルトラギガMAX」というWiMAXとセットになった容量無制限プラン(¥5,560/月~)もあります。

家に電話回線(インターネット固定回線)を引いていないけどパソコンやタブレット、ゲーム機などをWi-Fi(インターネット)接続したいという人のためのプランです。

しかし、UQ WiMAX公式サイトからのお申し込みよりも、プロバイダーからのお申し込みの方が断然お安くなります。

どのプロバイダーから申し込んでも、公式サイトから申し込むのとまったく同じ回線速度、サービスを受けられます。

公式サイトで申し込むより、キャッシュバックや割引サービスのあるプロバイダー経由でのお申し込みの方が断然お得です。

プロバイダー経由のお申し込みでもUQモバイルとWiMAXの同時契約でUQモバイルの月額料金が毎月300円引きになります。

詳しくは別ページでご説明いたします。

「スマホプランL」の月額3,980円を選ぶなら1,000円程度プラスするだけで容量無制限のWiMAXとの同時契約の方が良いと思います。

UQモバイルとWiMAXは無料で15日間試せます。

UQモバイルとWiMAXは、それぞれ「Try UQ moile」「Try WiMAX」という15日間完全無料お試しサービスがあります。

UQモバイルとWiMAXをセットでのお申し込みもあります。

格安SIMのUQモバイルにした場合の電波の繋がりや接続速度を事前に納得いくまで確認することができます。

WiMAXも自宅や外出時の接続状況を契約前に確かめられるのはうれしいですね。

実際に試してみた時のインプレッションをご参照ください。

無料レンタル終了後にそのまま加入するのはやめましょう。

それではキャッシュバックなどの特典が得られません。

UQモバイルとWiMAXを合わせると4~5万円損をしてしまいます。

お申し込みの際はキャンペーンサイトをご利用ください。

UQ mobile

スマホはSIMフリー化が必要です。

3大キャリア(DoCoMo、au、ソフトバンク)の携帯通信網はそれぞれ独自の通信方式を採用しています。

回線を判別するために携帯電話(スマホ)にSIM(シム)と呼ばれる小さなカードを装着します。

SIMカード

SIMカードで回線を識別して他社の回線を使えなくすることを「SIM(シム)ロック(鍵)」といいます。

SIMロックされているiPhoneは、他の通信会社に契約変更してもそのまま使うことができません。

「SIMロック」を「解除」する必要があります。

  • auで購入したiPhoneをUQモバイルで使う場合、SIMロック解除が不要な機種があります。くわしくはこちらでご確認ください。
  • アップルストアのiPhoneは最初からSIMロックが掛けられていない、SIMフリーで販売されているので、SIMロック解除の手続きは不要です。

SIMロック解除の申し込みはオンラインなら無料でできます。

店頭窓口、電話でお願いすると手数料3,000円が掛かります。

SIMロック解除は、契約中のキャリアにSIMの解除を申し込んでからUQモバイルのSIMカードと入れ替えてiPhoneの電源を入れ直してアクティベーションするだけです。

誰でもできる簡単な作業です。

詳しい手続き方法は下記ページに記載しています。

iPhone(スマホ)のSIMフリー化はやっておいて損はありません。

iPhoneを売却する際は「SIMロック解除」が済んでいる方が買い取り価格が上昇します。

MNP後のSIMカードの交換はご自分で簡単にできます。

 

UQ Mobileはauの回線を使用しています。

UQモバイルはKDDIの関連会社なので当然、auの回線を使っています。

格安通信事業者は、このようにDoCoMoやauの大手通信事業者(キャリア)から回線を借りて営業しています。

auの弟分のUQモバイルが兄貴分のauより速くて安い!と、なることは経営戦略上あり得ないわけですが、

KDDIブランドとして、UQモバイルがライバルの格安通信会社(MVNO)よりも遅くて使えない状態になることも経営戦略上ありえないと考えられます。

KDDIとしては、市場を確保するために、日本一の通信環境を目指すauと、台頭しつつある格安通信事業においてもUQモバイルでトップを目指す必要があるわけです。

こうして我々消費者にとって都合の良い環境(速い、安い)が構築される条件が揃うことになります。

そして、実際にUQモバイルは格安通信事業会社間において優秀な通信速度を維持しています。

また、昔からの電話事業の強みを活かして音声通話の品質の高さも売りのひとつとなっています。

 

auのiPHONEならそのまま使えます。(一部機種を除く)

現在使用しているiPhone(スマホ)をMNP(番号ポータビリティ)でそのままUQモバイルで使いたい場合は、SIMロック解除しなければなりませんが、auのiPHONE8以降の機種であればそのまま使えます。

もちろんiPhone11/11Pro/11ProMAXはシムロック解除不要でそのまま使えます。

お使いの機種がSIMロック解除が必要かどうかはこちらでご確認いただけます。

DoCoMoとソフトバンクのiPhoneはSIMフリー化が必要。

DoCoMoとソフトバンクで使用中のiPhone(スマホ)はSIMロック解除してSIMフリーにしなければ使えません。

SIMロック解除できるのは2015年(iPhone6S、iPhone SE)以降の機種です。他のスマホも古いものだとSIMロック解除できない機種があるので事前確認が必要です。

 

SIMロック解除はオンライン申請で無料となります。

DoCoMoやソフトバンクのショップや電話でお願いすることもできますが、3,000円程度の事務手数料が発生します。

申請手続き自体はオンラインで簡単にできるのでご自分で申請されるのがよいと思います。

難しい作業ではないので、ぜひご自分で作業してみてください。

以下のページで詳しく解説していますのでご参照ください。

現在、アップルで販売しているiPhoneは最初からSIMフリーで販売されているので、そのまま格安SIMを使うことができます。

 

UQモバイルへMNPする方法。

SIMロック解除を含めても難しい作業ではありません。

  1. MNP予約番号を入手する。
  2. UQモバイルに契約を申し込む。
  3. SIMロック解除申し込み。
  4. MNP転入切替をする。
  5. SIMカード交換(SIMロック解除)
  6. ネットワーク(APN)設定をする。

詳しくは別ページにて説明していますのでご参照ください。

どれもご自身で行えば余計な手数料を支払わずに済みます。

その他いろいろ注意点とヒントとまとめと…

文字にすると大変そうに見えますが、実際にMNP(ナンバーポータビリティ)でUQモバイルに移行するのは難しくありません。

オンライン(インターネット)を使った手続きの際にはWi-Fi環境とパソコン(もしくは別のスマホかタブレット)が使えるといいのですが、Wi-Fiなし、手持ちのiPhone1台だけでも可能です。

 

乗り換えにあたっての注意点をいくつか。

  • キャリアメールが使えなくなります。

「@docomo.ne.jp」や[@au.com][@i.softbank.jp」などの携帯回線専用のメールアドレスのことです。

回線を解約するのだから使えなくなるのは当たり前なのですが、このアドレスを何かのIDの登録に利用している方は要注意です。

特にApple IDに登録している方は、今すぐにでもパソコンのメールアドレスやフリーメールなどに変更しておきましょう。

UQモバイルに移行後はキャリアメールが消失するので、Apple IDのパスワードを忘れた時、メールでの確認が出来なくなってしまいます。

iPhoneの初期設定が出来なくなったり大変面倒な事態が発生します。

UQモバイルにもキャリアメール(有料オプション)がありますが、それって本当に必要でしょうか?

契約する会社を変更するたびにメアドが変わるキャリアメールはもう不要ではないですか?

フリーメールやLINEに完全移行してしまう良い機会かもしれません。

  • MNPをする時は契約者名の変更はできません。

契約者が使用者本人ではなく家族名義だからMNPを機に名義変更したい…ということはできません。

  • 転出と転入に手数料が掛かります。

MNP転出手数料として、DoCoMoは¥2,000(例外有)、auは¥3,000、ソフトバンクは¥3,000または¥5,000(すべて税別)が発生します。

UQモバイルにMNPを利用して転入する際は「手数料」は掛かりませんが、SIMパッケージ価格(初期費用)として¥3,000(税別)と代引きによる送料が発生します。(リンクライフのキャンペーンで無料になる場合あり)

これらの費用はMNPをする際はどこのキャリアでも必ず発生するものです。

 

キャリアとの契約年数が短い人は割引率が低くて高い料金に悩まされているのではないでしょうか。

まずは今のスマホの使用状況と契約、料金を把握しましょう。

そして、自分に合ったUQモバイルの契約プランと比較検討してみてください。

人によっては1年で10万円近い差額が出ることも珍しくありません。

通信費に無駄な投資をしていることがわかれば乗り換えらえれずにはいられません!

MNPするならリンクライフのキャッシュバック9,500円が最安です。

UQ mobile
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スピナーをフォローする
iPhone de UQmobile
タイトルとURLをコピーしました