スマホプラン登場。格安SIMのUQモバイルの新料金プランとは?

10月1日よりUQモバイルの料金プランが一新されます!

新しいプランの内容を理解してご自身に一番合ったプランへのお申し込み、または変更をご検討いただければと思います。

スポンサーリンク

電気通信事業法の一部を改正する法律

今年5月17日に公布された「電気通信事業法の一部を改正する法律」が実施されるのが10月1日ということで携帯電話の通信事業者が一斉に行う料金改定の一環となります。

今回の法改正で目指しているものは「完全分離」です。

何の「分離」を目指すのか?

それは、「携帯電話通信事業」と「携帯電話販売事業」です。

現在、携帯電話を購入するとその先何ヵ月にも渡って割引が続いたり、回線を契約すると1年あるいは2年毎の契約更新月以外での解約に数千円もの違約金が発生するなどして「解約させない」手法を取る契約が多く存在しています。

携帯端末を購入した後の割引の財源は、他の契約者の通信費です。

継続して古い携帯(スマホ)を使っている人は、赤の他人の携帯端末代を肩代わりしている状態になっています。

自分のスマホ代は自分で払いなさい。

ということです。

スマホ代が高くなる代わりに回線使用料を下げなさい。

という総務省からのお達しです。

さらに、

SIMロック掛けて他社への流出を防ぐのをやめなさい。

通信事業者を変更する際の解約料金(違約金)が高過ぎるからそんなものはやめなさい。

とも言っています。

通信事業は大手キャリアだけでなく、格安SIM(MVNO)と呼ばれる会社が参入して来られるようになりました。

大手が利益を独占するために高額な違約金を設定しているという判断がなされたわけです。

同業の自由競争を促すためにも違約金という制度をやめなさいとなったのです。

それが、電気通信事業法の一部を改正する法律」です。

法改正施行後の流れは?

契約解除に伴う「違約金」はゼロ円に向かいます。

いつやめてもらっても違約金は掛かりませんよ

というのが通信事業社の売りになる時代が来ます。

 

スマホ買ったら月々値引きするので実質的なスマホ代は0円ですよ!

ということがなくなって。

どこで買ってもスマホの値段が同じになっていくからSIMロックも最初からフリーで売られるようになりますね。

なんなら通信事業者がスマホを売るメリットがまったくないので、取り扱うのはSIMカードだけになるかもしれません。

スマホは家電量販店で本体だけ売っている状態ですね。

スマホを安く売るのは販売専門店に任せるという、まさに家電と同じ扱いになっていくのかもしれません。

UQモバイルの新料金プラン

UQモバイルは新料金プランをすでに発表済みです。

その名も「スマホプラン」です。

基本的にデータ通信専用のプランだけになるということです。

スマホプランS、M、L

データ容量によってS、M、Lという3タイプの設定があります。

最安値はプランSの1,980円/月です。

家族割は月々500円で継続されます。

料金がずっと変わりません

従来のプランはいろいろな割引制度が加わったりして、契約初年度が一番安く、2年目は千円程度料金が高くなるという設定でした。

しかし、今回の新プランはそういったわかりにくさがなくなり、ずっと同じ値段のままとなります。

 

通話オプション

スマホプランには通話オプションが含まれていないので、通話30秒ごとに20円掛かります。

(楽天電話を使えば半額の10円/30秒になります。)

電話の通話オプションとしては、

1か月間、国内通話1回10分以内なら何回掛けても700円/月の「かけ放題」

1か月間、国内通話合計60分まで500円/月の「通話パック」

の2種類が用意されています。

通常料金の計算(20円/30秒)だと500円の通話時間は12分30秒です。

楽天電話なら25分/500円です。

LINE電話しかしないなら通話オプションは不要など、

ご自分の電話の使い方に合わせて通話オプションを選ぶことができます。

従来プランとの金額差

従来のプランに比べて値段の変動を比べてみましょう。

従来プラン

新プラン

一見すると新旧ともにS、M、Lの月額料金はそれぞれ同じに見えます。

しかし、新料金はこの先ずっと表記の通りの金額のままですが、旧料金は変動します。

また、新料金には無料通話が含まれずに別料金となります。

新料金通話オプション

従来プランの「おしゃべりプラン」では通話時間が5分の設定でしたが、新料金の「かけ放題」は10分/回と倍の時間となってより使いやすくなっています。

 

まずはできるだけ条件をそろえて計算してみましょう。

*金額は全て税別表示です。

プランSで60分/月の通話プランの場合。

従来プランは当初1年間は月額1,980円です。2年目は月額2,980円となります。

2年間の合計は59,520円です。

新プランは1,980円/月に「通話パック」500円/月を足して月額2,480円です。

新プランは料金の変動がないので、2年間の合計は59,520円です。

完全に同額です。

「プランS=3GB」で「60分/月の通話」という条件ではまったくの同額になります。

それでは、もうひとつの通話プランだとどうでしょう?

従来プランでは先ほどとまったく同じで2年間の合計は59,520円です。

新プランでは「かけ放題」で通話時間が倍の10分/回になります。

月額料金は「プランS」1,980円/月+「かけ放題」700円/月=2,680円/月です。

2年間の合計は64,320円です。

通話時間が倍の10分に伸びて料金は2年で4,800円、1年あたり2,400円、1ヵ月あたり200円高くなります

何度電話しても料金一律のオプションを選択する人にとっては、1回あたり5分より10分の方が使い勝手が良いと思います。

それがたとえ帰宅を知らせる「帰るコール」だとしても、10分の通話時間があれば余裕を持って電話することができます。

そして、UQモバイルには大手キャリアにある「家族通話無料」というサービスがありません。

「かけ放題」が10分になったことで「家族通話無料」に匹敵するものになったのではないでしょうか。

LINEを使えない相手との音声通話と考えると1回あたり10分の通話時間はありがたいです。

従来プランが2年縛りということで、途中解約すれば9,500円の違約金が発生することを考慮すると、契約当初1年間の合計金額に換算して比べても新料金プランの方がお得であると言えると思います。

 

次に「プランM」と「プランL」比較ですが、単純比較が難しいです。

「プランM」はデータ容量9GBで新旧同じですが通話時間に差が出ます。

「かけ放題」は「プランS」の時と条件が同じなので納得できると思いますが、

「通話パック」が従来の半分の60分で月額料金が同額となると、こちらは完全に「高くなった」と言わざるを得ません。

 

「プランL」は従来が21GB、新プランが14GBとデータ容量と通話時間にも大きな差があります。

「プランL」はデータ容量の差、月額料金の差から単純比較が難しいです。

14GB/月と通話可能時間がしっくりくる方には良いプランとなるでしょう。

 

さて、今回の料金改定がなにを表してるのか考察するに、「プランM」「プランL」という大容量、通話時間延長に対する需要の少なさではないでしょうか。

UQモバイルを選ぶ人は今払っている月々の携帯料金を下げたいという人がほとんどです。

実際にほとんどの人が「プランS」を選んで契約しています。

  • スマホを利用しているけど4G LTE回線による大容量のデータダウンロードを必要としていない。
  • 不特定多数の人に頻繁に電話を掛ける必要が無い。

今このサイトをご覧の方は、上記のような使い方に見合った低価格、だけどいざと言う時のために高品質な回線を持った通信事業社としてUQモバイルを選択しようとしているはずです。

新料金プランの「スマホプランS」に条件が合致する方は、まさにドンピシャでサービスに満足できるでしょう。

そもそも「プランM」や「プランL」を検討するぐらいなら「WiMAX」も同時契約する方がよっぽど使い勝手がいいと思います。

「月々の携帯代を安くしたいけど格安SIMって大丈夫なのかなぁ」

という方にとって、今回の新プランから縛りが無くなったことが格安SIM、MVNOのUQモバイルにMNPする良いきっかけになりますね。

契約解除料が0円

従来のプランから大きく変わったのは、契約解除料が0円になったことです。

スマホプランは契約解除料が無くなります。

いわゆる「縛り」がありません。

業界内でいち早く「縛りなし」を打ち出してきました。

従来は「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」に対しては、2年の契約期間に対して解除料は9,500円(税別)ということで1万円以上掛かっていたので大きな進歩と言えます。

家族割があります

新プランでも従来通り「家族割」が登録できます。

家族として登録すると主回線を除くすべての子回線(9回線まで登録可)が毎月500円割引されます。

1回線あたり年間合計6,000円の割引は大きいですね!

データ専用プラン登場

タブレット用の音声通話の無い、データ専用プランが登場しました。

SIMの仕様が違うので音声通話のあるスマホプランへの変更、またはその逆もできません。

扱えるデータ容量や速度を考えると、WiMAXのモバイルルーターの方が魅力的です。

プラン変更について

プラン変更は「my UQ mobile」にて行えます。

受付時間は9:30~20:30です。

申し込み翌月からプラン変更となりますので、月末の20:30までに変更申し込みを完了させてください。

従来のプランから新プランへの一方通行でプラン変更可能です。

スマホプランに変更後は契約解除料は不要になりますが、

プラン変更すると「マンスリー割」「スマトク割」「長期利用割引」「継続利用割引」が消滅します。

ご注意ください。

新プランでの変更は以下の通りとなります。

「スマホプランS,M,L」内のプラン変更は自由に行えます。

料金は発生しません。

公式サイトのキャッシュバックを利用してお申し込みされた方は、キャッシュバックの料金確定前にプラン変更するとキャッシュバックが無効になる場合がありますのでご注意ください。

UQ mobile

当サイトのバナー、LINK LIFEからお申し込みされたお客様はプラン変更に伴うキャッシュバックの合否判定はありませんので、契約当初からプラン変更可能です。

スマホプランから旧プラン、データ専用プランへの変更はできません。

新設になったデータ専用プランからスマホプランへの変更も不可能です。

契約特典、キャンペーンは?

キャッシュバックや初期費用無料などの特典があります。

公式サイトからのお申し込みよりお得です。

詳しくは下記別ページにてご説明いたします。

最新、最安値情報から裏ワザまで掲載しています。

UQ mobile

コメント

タイトルとURLをコピーしました