DoCoMoとUQモバイル新料金プラン比較。MNPでお得に乗り換える方法。

ドコモにご契約中の方がUQモバイルへの乗り換えでどれぐらい安くできるのか検証していきます。

2019年10月現在の料金プランでの比較になります。

スポンサーリンク

キャリアからの乗り換えで携帯代がいくら安くなるのか?

ドコモ、au、ソフトバンクという3大キャリアからUQモバイルへ乗り換えた半数以上の方の携帯代が毎月3,000円以上、年間3万6,000円以上安くなっています。

 

UQモバイルの料金プラン(2019年10月現在)

UQモバイルの料金プランはとてもわかりやすいです。

キャリアの複雑な料金プランからの乗り換えに頭を悩ませる必要がありません。

スマホプラン

上記の表の通り、通常の音声通話(電話)プランは、毎月のデータ容量により金額が異なる3通りしかありません。

名称は「スマホプラン」です。

使用限度データ容量に応じてS,M,Lがあります。

  • 縛りなし。
  • 縛りが無いので解約時に違約金は発生しません。
  • 契約後に料金が上がることはありません。ずっとその値段のままです。
  • 余ったデータ容量は翌月に持越し。
  • 音声通話(電話)は20円/30秒です。
  • 家族割として子回線登録された回線は500円引きとなります。
  • 家族間無料通話サービスはありません。

通話オプション

音声通話サービスは別契約(オプション)のものが2通りあります。

  • 10分以内の国内通話かけ放題の「かけ放題」:700円/月
  • 国内通話合計60分、2,400円分の「通話パック」:500円/月

「帰るコール」のように毎日電話を掛ける方は通話オプションに入るのがお得な場合があります。

しかし、自分から電話を掛ける機会が無い場合は「楽天でんわ」を利用すれば、半額の10円/30秒で電話が掛けられますし、LINEの音声通話を、後述する「節約モード」で使用すれば無料で音声通話ができます。

通話オプションはUQモバイル契約後に追加で加入することもできますし、プラン間の変更、加入取り消しも可能です。

UQモバイルの最安料金は月額1980円

UQモバイルに単独で契約する場合、最安の料金プランは、月額料金1,980円の「スマホプランS」になります。

  • 月額使用可能データ容量=3GB
  • 縛りなし。
  • 無料通話なし。

ドコモの料金プラン(2019年10月現在)

キャリアの料金プランは複雑怪奇です。

自分の目的に合ったプランを自分ひとりの力で見つけ出す労力ほど無駄なものはありません。

「ギガホ」と「ギガライト」

「これからは、シンプル2択」と謳って登場したのが「ギガホ」と「ギガライト」というプランです。

「ギガホ」:ギガ放題

「ギガライト」:お手軽版

といったニュアンスでしょうか。

ドコモのプランを追及すると時間がいくらあっても足りないのでざっくりいきます。

ギガホ

高い方のプラン「ギガホ」です。

  • 2年縛りあり=7,150円
  • 2年縛りなし=6,980円(違約金は1,000円)
  • 1ヵ月の使用可能データ量=30GB
  • 家族通話無料(ドコモ同士に限る)
  • 音声通話=20円/30秒

高いですね。

月間30GBまでなのに「ギガホ」というのはちょっと疑問符が付きますが、まぁそこはこれ以上言うまい。

ギガライト

本命プランの「ギガライト」です。

基本的には4つのプランです。

  • データ使用可能容量が1GB、3GB、5GB、7GBまでと区切られています。
  • 2年契約の有無でプランがx2になっています。(縛りありの違約金は1,000円です)
  • 家族間通話は無料です。(ドコモ同士に限る)
  • 家族以外の国内通話料金=20円/30秒

そもそもなぜキャリアであるドコモの国内通話料金が20円/30秒なのでしょう?

これはMVNOであるUQモバイルと同額です。

キャリアはMVNOに14円/30秒で通話回線を貸し出しています。

故にMVNOは手数料等足して20円/30秒を顧客に請求するというのは理解できます。

キャリアが直接契約しているユーザーに対して14円/30秒に上乗せする形で20円/30秒を請求するのは、やはり高いと思わずにいられませんね。

MVNOの通話料が高いというのは間違いです。

と、いうわけでキャリアは下記のようなオプションを用意しています。

いわゆる「かけ放題」です。

月額1,700円で国内通話無料になります。

ご自分から電話を掛けることの多い方はキャリアに契約する方が圧倒的に携帯代を安く済ませることができます。

今後、14円/30秒の回線レンタル料金が改定により大幅値下げされる可能性が報道され始めています。

今後、MVNOの通話料金が大幅に下がる可能性が高いです。

これは、キャリアが貸し出す料金が高額なためMVNOが音声通話のユーザー提供で不利である点を是正するための勧告に従う流れによるものです。

「通話料金が高いからキャリアから離れられない」という状況を良しとしない総務省からの一連の要請に基づきます。

ドコモの最安値料金プランは月額2,980円

ドコモに単独で契約する場合、最安の料金プランは、月額料金2,980円の「ギガライト」の「ステップ1(定期契約あり)」になります。

  • 月額使用可能データ容量=1GB
  • 2年縛りあり。(違約金1,000円)
  • 家族間無料通話あり。

データ容量1GBは、外出先などでWi-Fi接続していない時は、ほぼデータ通信を使わない想定のプランです。

  • ネットは見ないし写真を送ったりもらったりもしない
  • 仕事で電話を掛けたり受けたりするためだけに使いたい(スマホの意味ないけど)

と言う方は、これに通話オプションの「かけ放題(月額1,700円)」を足して月額4,680円の電話機として契約すればいいと思います。

家族割で比較

UQモバイルとドコモには「家族割」というサービスがあります。

UQモバイル 家族割

UQモバイルは、家族として登録した親回線をのぞく子回線すべてがそれぞれ月額500円割引になる制度です。

お互いに「スマホプラン」であることが条件です。

 

ドコモ 家族割 子回線が1人の場合

ドコモ 家族割 子回線2人以上

ドコモの家族割は上記の通りです。

キッズケータイは対象外として、家族登録が2人の場合は子回線が500円の値引きとなります。

子回線が2人以上(合計3人以上)の場合は子回線がそれぞれ1,000円割引となります。

割引額は1,000円が上限です。

UQモバイルとドコモの同条件比較

ドコモでは継続年数や固定回線との同時申し込みによる割引もあります。

そのあたりは各個人により価格差がありますので、実際のご自身の月額料金と比べていただければと思います。

現実的なプランとして、UQモバイルの「スマホプランS」と「スマホプランM」を対象として比較します。

UQモバイル「スマホプランS」

  • 月額1,980円
  • データ容量=3GB
  • 縛り=なし

上記UQモバイルと同じ条件でドコモと契約した場合

NTTドコモ「ギガライト:ステップ2」

  • 月額4,150円
  • データ容量=3GB
  • 縛り=なし

(ドコモ:4,150円) – (UQモバイル:1,980円)=2,170円

1年で26,040円の差額です。

 

続いてミドルレンジの比較です。

UQモバイル「スマホプランM」

  • 月額2,980円
  • データ容量=9GB
  • 縛り=なし

上記UQモバイルと同じ条件でドコモと契約した場合

NTTドコモ「ギガライト:ステップ4」

  • 月額6,150円
  • データ容量=7GB
  • 縛り=なし

(ドコモ:6,150円) – (UQモバイル:2,980円)=3,170円

容量はUQモバイルの方が毎月2GB多いのですが、

1年で38,040円安くなります。

検証結果

先ほどの結果を検証いたします。

まず、UQモバイルの月額料金を下げるのは家族割の毎月500円値引きしかありません。

通話オプションを付ける場合は、家族割と相殺もしくは毎月200円のアップになります。

対してドコモの場合、家族割が適用できれば毎月1,000円の値引きが期待できます。

また、継続年数に応じて割引もあります。

ドコモ 継続利用割引サービス

先ほど提示したより差額は小さくなると思われます。

とはいえ、スマホの実際の使用方法として考えた場合、やはりドコモの方が高額になります。

ご自身の実際のお支払金額とUQモバイルの金額の差額、いかがですか?

節約モード

UQモバイルには、接続速度を最大300kbpsにセーブする代わりに容量無制限でデータ通信ができる「節約モード」があります。

SNSやLINEなどのデータ速度を必要としない時は節約モードをオンにしておくことで、不意にデータを大量消費してしまうことがなくなります。

基本的に常に節約モードはオンにしておいて、必要な時だけ高速通信をするという使い方ができます。

お子様やデータ通信に慣れていない方には、節約モードによるデータ使用ブレーキが有効的に機能します。

使用可能データ容量に達した場合は自動的にダウンロード速度が制御されて、節約モードと同じ最大300kbpsになります。

速度制限中は節約モードと同じく容量無制限にダウンロード可能です。

追加データ容量は手続きを踏んで購入する必要があります。

「知らない間にデータを使い過ぎて請求金額が高額に!」という事態は起こりません。

回線速度・品質

キャリアとMVNOでは当然キャリアの方が回線品質は上です。

ということで、MVNOを選ぶうえで重要なのは「どこまで品質を落とせるか」ということになります。

MVNOトップクラスの回線品質

格安SIMのUQモバイルはMVNO業界ではトップクラスの回線品質を保っています。

UQモバイルはKDDI子会社、auのサブブランドとしてMVNO業界を牽引する立場にあります。

UQモバイルの回線品質に不満があるならもう、どこのMVNOとも契約を結ぶことはできません。

Try UQ mobileで15日間の無料レンタルサービス。実際に体験して確かめる。

「Try UQ mobile」というサービスがあります。

これは、契約する前に15日間の無料レンタルで実際にご自身の環境でUQモバイルを使用して回線品質、使い勝手を確かめることができるサービスです。

くわしくは別ページの体験レポートをご覧ください。

UQ WiMAX2+でデータ使い放題

移動中や外出先、またはご自宅にWi-Fi環境が無い方に向けたお話です。

スマホを使うと、どうしてもデータ容量が加算されていきます。

「スマホプランM」で毎月9GBまで使えますが、それでも足りない方に対するご提案です。

スマホプランLにするならいっそのことWiMAX2+はいかがでしょうか?

動画の視聴、OSやアプリのアップデート、写真の送受信、ゲームで使用…

スマホを使えば使うほどデータ容量が足りなくなります。

自宅にWi-Fi環境がある方はそれなりに容量を抑える使い方ができるかもしれません。

それでも、「スマホプランM」の9GB、月々2,980円を上回るデータを使用したいなら、

「スマホプランL」の14GBで3,980円にするのではなく、いっそのことWiMAX2+との同時契約もありですよというご提案です。

WiMAX2+とUQモバイルの同時契約で月々約5,000円。

モバイルタイプのルーターを選べば外出中でも容量を気にせずWi-Fiに繋いでネットが使えます。

スマホをたくさん使う人には魅力的な条件がそろっています。

詳しくは別ページにてご説明していますのでご参照ください。

ドコモからUQモバイルへのMNPは?

ドコモからUQモバイルへのMNPは難しいことではありません。

店舗に行かなくてもオンライン(スマホ)から手続き可能です。

詳しくは別ページをご参照ください。

総括

ドコモからUQモバイルに乗り換えるオススメのユーザーは以下の通りです。

  • 家や出先ではWi-Fiを使用するのでデータ容量は少なくていい。
  • 自分から電話はほとんどしない。
  • 電話(スマホ)はほとんど使用しないからできるだけ安い月額料金でかまわない。
  • MVNO、格安SIMだけど低品質な回線は嫌だ。

上記条件のどれかに当てはまる方はUQモバイルをご検討いただけると思います。

スマホ購入割引の無くなった今、格安SIMに乗り換えて浮いたお金で最新機種に買い替えるサイクルが一番安上がりなスマホ購入方法になります。

当サイトではMNPの仕方から最新最安値契約情報までご紹介しています。

UQモバイル、オススメです。

UQ mobile
タイトルとURLをコピーしました