UQモバイルにMNPで乗り換える方法をやさしく説明。

スポンサーリンク

iPhoneでUQmobileにMNPするための段取りを順を追って解説します。

文章で書いてあるとなかなか一度では理解できないのですが、MNP(ナンバーポータビリティ)は難しいことではありません。

ここではMNPのやり方を出来るだけ簡単に書いていこうと思います。

大まかな流れは以下の通りです。

  1. MNP予約番号を入手する。
  2. UQモバイルに契約を申し込む。
  3. UQモバイルのSIMカードが届いたらiPhone(スマホ)のSIMロックを解除する。
  4. MNP転入切替をする。
  5. ネットワーク(APN)設定をする。

という5ステップです。

実際にやってみるとわかりますが、とても簡単な作業です。

ステップ1:契約しているキャリア(通信会社)にMNP予約番号を発行してもらう。

SIMフリーのiPhoneが手元にあるならMNPに向けて手続きに進めます。

まずはMNPするために予約番号というものを発行してもらいます。

ナンバーポータビリティをするための識別番号です。

NTT DoCoMoの場合

DoCoMoは以下のサイトに詳しく書かれています。

携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法 | お客様サポート | NTTドコモ

要するに携帯(iPhone)から「151」に電話してMNP予約番号の発行をお願いすればいいだけです。

一般電話からは「0120-800-000」に掛けてください。

受付時間は9:00~20:00(年中無休)です。

通話料は無料です。

MNP予約番号の申込みは契約者本人しかできません。

 

電話が繋がったら自動音声の案内が始まります。

自動ガイダンスの最中でも「4」「2」と押せばオペレーターに接続されます。

オペレーターからは転出の経緯などの質問と解約引き止めがありますが事務的なものです。

受け答えの時間が無ければ、

「時間が無いのでMNP予約番号の発行をお願いします」

と言えばすぐに番号が発行されるのでメモしてください。

MNP予約番号の発行手数料は¥2,000(税別)です。

 

auの場合

auは下記のサイトに詳しく書かれています。

0077-75470 (無料)に電話を掛けてMNPのために転出することを伝えて「MNP予約番号」を発行してもらいます。

MNP転出手数料は¥3,000です。

契約更改月以外は契約解除料として¥9,500が発生します。

「2年割N」に加入しておくと契約解除料は¥1,000です。

「2年割N」に加入するデメリットが存在しないので、解約する気が無い人もすぐに加入手続きをしておくべきです。

 

ソフトバンクの場合

ソフトバンクは以下のサイトに詳しく書かれています。

MNP予約番号の取得 | ご準備いただくもの | ご購入の流れ・お手続きメニュー | ご購入ガイド | SBパートナーズ | ソフトバンク
SBパートナーズの公式ホームページです。オンラインショップの「MNP予約番号の取得」をご紹介します。

ソフトバンクに契約中の携帯(iPhone)から「*5533」に電話してMNP予約番号の発行を申請すればOKです。

一般電話からは「0800-100-5533」に掛けてください。

受付時間は9:00~20:00(年中無休)です。

通話料は無料です。

MNP予約番号の申込みは契約者本人しかできません。

 

電話が繋がったら自動音声の案内が始まります。

自動ガイダンスに従って「1」を押してください。

4桁の暗証番号を求められますが、忘れてしまった場合はなにも押さず放置しておけばオペレーターに繋がります。

オペレーターからは転出の経緯などの質問と解約引き止めがあります。

「MNP予約番号の発行をお願いします」

と言えばすぐに番号が発行されるのでメモしてください。

MNP予約番号の発行手数料は¥3,000(税別)もしくは¥5,000(税別)です。

 

ステップ2:UQモバイルに契約を申し込む。

MNP予約番号の有効期限は発効日含めて15日間です。

期限内にUQモバイルの移行を完了させましょう。

MNP予約番号を入手したらすぐにUQモバイルに申し込みをします。

UQ mobile

リンクライフからのお申し込みならキャッシュバックと、さらにSIMのみのお申し込みで初期費用も無料になります。

 

ステップ3:お手元のiPhone(スマホ)をSIMフリーにする。

携帯会社を変える場合は、iPhoneに内蔵されている「SIM(シム)」と呼ばれる小さなカードを交換しなければなりません。

「SIM」ついては別ページをご参照ください。

UQモバイルのSIMカードが届いたら、

  1. 契約中のキャリアにSIMロック解除の申し込みをする。
  2. iPhoneの電源を落としてSIMカードを入れ替える。
  3. iPhoneの電源を入れてをアクティベーション(再設定)する。

以上の手順でiPhoneのSIMロックが解除できます。

SIMロック解除の仕方については別ページでくわしく解説していますのでそちらをご覧ください。

 

ステップ4:MNP転入回線切替をする。

MNP(ナンバーポータビリティ)で電話回線の引き継ぎを行います。

*注1:iPhoneのキャリア、機種によってはMNPの回線切替手続き後にAPN更新手続きが必要です。

*注2:APN更新が必要だけどWi-Fi環境が無く、手持ちのiPhoneのみで手続きをする場合は方法が異なりますので別ページを参照ください。

 

2019年8月現在でAPN設定が不要なiPhoneは○、必要なiPhoneは×となっています。

iPhone8以降の機種は全てAPN設定が必要です。

iPhone11/11Pro/11ProMAXもAPN設定が必要です。

 

iPhoneがWi-Fiに接続できるならiPhoneだけで手続きすることも可能です。

  1. UQモバイルの公式サイトのメニューバーの「MYUQ」からmy UQ mobile IDとパスワードで ログイン
  2. 「お申し込み状況一覧」タップで契約状況の確認
  3. MNP乗り換え、切り替え待ちを確認したら「回線切替」をタップ
  4. 電話番号、回線状況を確認したら「実行」をタップ
  5. 「回線切替完了」を確認
  6. iPhoneの電源をオフにしてSIMカードを入れ替えて電源オン
  7. 「111」に電話してUQモバイルに回線が切り替わったことを確認

 

インターネットに繋がったパソコンがある方はこちらから手続きすることもできます。

画面左のメニュー「my UQ」からログインしてください。

 

以上でMNPによる電話番号の引っ越し作業は終了です。

作業自体は順調に行けば10分ほどで完了します。

MNP転入による回線切替受付時間は9:30~20:30です。

夜間は手続きに掛かる時間も考慮して余裕を持って作業を開始してください。

MNP転入切替をすることで完全に以前の携帯会社を解約してUQ Mobileに乗り換わることになります。

 

APN更新手続きが不要な機種の方はこれで以降完了です。

通話とインターネット接続が可能なことをご確認ください。

ステップ5:ネットワーク(APN)設定をする。

APN更新が必要な機種の場合、MNP手続きが終わって電話(通話)ができるようなってもそのままではインターネットに接続することができません。

4G(電話)回線を使ってインターネット接続を可能にするのがネットワーク(APN)設定です。

UQモバイルの回線でインターネット接続ができるようにするためにAPNの更新手続きをします。

「APNファイル(プロファイル)」と呼ばれるものをダウンロードしてiPhoneに入れるだけです。

ちなみに、2019年8月現在でAPN設定が不要なiPhoneは○、必要なiPhoneは×となっています。

最新のiPhone11を含むiPhone8以降の機種は全てAPN設定が必要です。

APN設定とSIMフリー化はまったく別ものです。

混同しないようにご注意ください。

 

APNの更新作業は、iPhoneをWi-Fiに接続してAPN更新に必要な「プロファイル」をダウンロード&インストールするだけです。

サファリやChromeなどのウェブブラウザでAPN更新ファイルのサイトを表示します。

それぞれの機種に対応した青丸の部分をタップしてください。

APN更新ファイルの容量は数kbしかないのでダウンロードは一瞬で終わります。

あとは指示に従って更新作業をすれば完了です。

APNが設定ができたら、Wi-Fi接続をオフにして4G回線でインターネット接続ができることを確認します。

接続が確認できたらすべての作業終了となります。

 

その他いろいろ注意点とヒントとまとめと…

文字にすると大変そうに見えますが、実際にMNP(ナンバーポータビリティ)でUQモバイルに移行するのは簡単です。

実際、一番時間の掛かる作業はMNP後の回線が切り替わるまでの最長30分の待機時間です(笑)

それ以外の作業は10分~20分程度のものです。

手続きの際にはWi-Fi(ネット)環境とパソコン(もしくは別のスマホかタブレット)が使えるといいのですが、Wi-Fi環境なしで手持ちのiPhone1台だけでもやれないことはありません。

Wi-Fiが使えない場所での移行作業が難しいと考えるならスタバやファミレス、コンビニなどの無料Wi-FiスポットでAPNファイルのダウンロードができるか試しておくと安心して作業ができます。

Apple IDのログインにMNP前に使っていたキャリアのアドレス(@docomo.ne.jpや@isoftbank.jpなど)を登録している場合はすぐに変更しておきましょう。

MNP手続きを終えてしまうと以前のキャリアメールアドレスが無効になってApple IDのPWやパスコードを忘れた時などに大変困った事態になります。

Apple IDやパスワード、パスコードを忘れるとApp StoreやiCloudにログインできなくなるばかりでなく、iPhoneの初期設定(アクティベート)もできなくなります。

Gmailのアドレスを取得したりしてMNP後も使えるメールアドレスに変更しておきましょう。

SIMフリー化もMNP手続きも、実際にやってみれば窓口で何千円も使うのがバカバカしいほど簡単な作業ということがよくわかると思います。

こういった作業をすることも含めて格安SIMへの乗り換えを楽しんでほしいと思います。

UQ mobile

コメント

タイトルとURLをコピーしました